新感線

MENU

HOME > 作品ラインナップ > 偽義経冥界歌

偽義経冥界歌
Teaser  

00:32

PLAY

偽義経冥界歌
Trailar  

01:40

PLAY

偽義経冥界歌
Trailar  

02:02

PLAY

偽義経冥界歌
Trailar  

01:41

PLAY

偽義経冥界歌
Trailar  

02:10

PLAY

CAST & CREATIVE キャスト & クリエイティブ

作 Writer 中島かずき
演出 Director いのうえひでのり
出演 Cast 生田斗真 / りょう  中山優馬  藤原さくら / 粟根まこと  山内圭哉  早乙女友貴 / 三宅弘城 / 橋本さとし 

偽義経冥界歌 にせよしつねめいかいにうたう

 

偽義経冥界歌

OFFICIAL SITE

劇団☆新感線《39サンキュー興行》
生田斗真主演舞台『偽義経冥界歌』がゲキ×シネで登場!
ゲキ×シネ史上初「ドルビーシネマ」でも上映決定!

劇団☆新感線旗揚げ39周年にあたる2019年に“39サンキュー興行”と称して上演された生田斗真主演舞台『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』。
本作は大阪、金沢、松本公演を行い、明けて2020年に東京、福岡公演を予定していたものの、コロナ禍により東京は一部中止、福岡は全公演中止となりました。

公演を楽しみにしてくださったお客様の為にも、多くの方に本作をお届けしたく《ゲキ×シネ》上映が決定!

また、ゲキ×シネ史上初、映像・音響・シアターデザインに力を入れた没入感あふれる「究極のシネマ体験」と称される「Dolby CinemaTM(ドルビーシネマ) 」(※1)での上映も決定。
この機会に、ぜひ最高の舞台を最高の映像でお楽しみください。

『偽義経冥界歌』のモチーフは“奥州三代”と“義経黄金伝説”。源義経が実際に奥州に匿われていたという史実をベースに、中島かずき脚本ならではのファンタジーも散りばめたストーリーを、いのうえひでのりがキャストの魅力を最大限に活かしつつ極上のエンターテインメントに昇華させました。

 

主人公の偽義経<源九郎義経・みなもとのくろうよしつね>を演じたのは、新感線に4度目の出演となる生田斗真。繊細でナイーブな演技から、すべて振り切った強烈におバカな役柄までを完璧に演じ切る生田が、新感線の本格的な時代劇のど真ん中でも、華やかで魅力的な偽義経として、そして座長としても作品を引っ張ります。今作は、主人公の偽義経を中心としながらもまるで群像劇のような、それぞれの人間ドラマをも堪能できる味わいの作品であり、新感線ならではの笑いたっぷり、殺陣、アクション満載の王道エンターテインメントです。

 

 

《ゲキ×シネ》では映像・音声ともにスクリーン用に編集・ミックスし、洗練されたクオリティと臨場感溢れる映像を、映画館の大スクリーン&高音質で体感することができます。他では決して観られない極上のエンターテインメント時代劇を、ぜひ映画館の大スクリーンでお楽しみください。

 

 

※1−ドルビーシネマ

ドルビーシネマは映像と音響のパワフルな技術に、映画を体験する為に最適化されたシアターデザインを組み合わせることにより、完全に映画に没入する究極のシネマ体験をお届けします。最先端の光学・映像処理技術を採用した「Dolby VisionR (ドルビービジョン) プロジェクションシステム」によって、他の映像技術を凌駕し、広色域で鮮明な色彩と幅広いコントラストを表現するハイダイナミックレンジ(HDR)映像を実現します。また、立体音響技術の「Dolby AtmosR(ドルビーアトモス)」は、これまでにないリアルなサウンドでシアター内を満たし、制作者の意図通りに縦横無尽に空間内を移動させることで、まるで作品の中に入り込んでしまったかの様な臨場感を味わうことができます。そして、ドルビーシネマのシアター内は、すべてのお客様に最高の体験をご提供できるよう、材料が厳選され、音響デザイン、および座席配置が最適化されております。

 

 

◎なお日本国内におけるドルビーシネマスクリーンは7箇所

 

[ドルビーシネマ]

・丸の内ピカデリー(東京)

・T・ジョイ横浜(神奈川)

・MOVIXさいたま(埼玉)

・ミッドランドスクエアシネマ(愛知)

・梅田ブルク7(大阪)

・MOVIX京都(京都)

・T・ジョイ博多(福岡))。

 

◎ドルビーシネマのご紹介動画

ドルビーシネマのご紹介映像1

ドルビーシネマのご紹介映像2

DATA データ

GEKI×CINE

[配給]ヴィレッヂ/ティ・ジョイ

[著作]東京グローブ座/ヴィレッヂ

Genres いのうえ歌舞伎
Run Time 2020 / 日本 / カラー / 178分(別途幕間休憩あり) / ビスタ, Dolby Vision / Dolby Atmos, 7.1ch, 5.1chサウンド
出演 Cast 2020年10月24日(土)

STORY ストーリー

”偽”義経 立つ――  死者を弔うその歌が、今、冥界の扉を開く――。

日の本の国が、源氏と平氏の勢力で二分されていた時代。

 

<源頼朝(みなもとのよりとも)/粟根まこと>が鎌倉を拠点に力を蓄えていた一方で、国の北方、“みちのく”と呼ばれる奥州はどちらにも属さず独立自治を貫いていた。奥州をまとめるのは奥華(おうが)一族。その都は「黄金の都」と噂され、死者を木乃伊(ミイラ)にする風習があった。

 

奥華によりかくまわれていた頼朝の義理の弟<遮那王牛若(しゃなおううしわか)/早乙女友貴>を、<奥華玄久郎国衡(おうがのげんくろうくにひら)/生田斗真>がはずみで死なせてしまう。弟の<奥華次郎泰衡(おうがのじろうやすひら)/中山優馬>をかばうためとはいえ頼朝の挙兵直前だったこともあり、牛若を殺したのは大問題だと頭を抱える奥華の当主<奥華秀衡(おうがのひでひら)/橋本さとし>だったが、牛若のお目付け役の僧<常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)/山内圭哉>と<武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)/三宅弘城>が、玄久郎を牛若に仕立てることを画策。その提案を受け入れた玄久郎は、以降<源九郎義経(みなもとのくろうよしつね)>を名乗り、持ち味のポジティブシンキングと機転とで、義兄の頼朝が平氏打倒を目指す挙兵に参加する。

 

その頃奥華では、秀衡の妻にして次郎の母でもある巫女長(みこおさ)の<黄泉津(よもつ)の方/りょう>が、次郎が正当な後継ぎであると主張、その企て通り、次郎に秀衡を殺させていた。

 

一方、戦いの途中で<静歌(しずか)/藤原さくら>という大陸渡りの歌うたいに出会った義経は、その歌の不可思議な現象により、秀衡が次郎に殺されたことを知ることに……。

 

奥華最大の危機に、”偽”義経が立ち上がる時、静歌の歌で冥界の扉が開かれる─!!

TICKET 鑑賞料金

各上映館にて発売 価格:¥2,000(税込)

※ドルビーシネマ及びドルビーアトモスの料金は上映館の規定による。

※特別興行料金につき、各種割引、招待券や無料鑑賞券等は適用不可。

SCHEDULE 上映スケジュール

PAGETOP